兼業主夫の生き様
平日の家事はほぼまかされているリーマン。そんなリーマンのつまらん日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショットの精度を考える
再度自分の現状(実力)を認識し、今後のゴルフスイングへの課題を見つけたいと思います。
下記で云う精度とはターゲットに対して半径10m以内に入る確立% またこれは練習場での評価です)

◎5アイアンの時(目標飛距離170ヤード)
力んだ状態でのフルショット 平均飛距離150ヤード 精度0
力まずフルショット 平均飛距離170ヤード 精度40
力まずコンパクトショット 平均飛距離165ヤード 精度50

◎7アイアンの時(目標飛距離150ヤード)
力んだ状態でのフルショット 平均飛距離130ヤード 精度10
力まずフルショット 平均飛距離150ヤード 精度50
力まずコンパクトショット 平均飛距離145ヤード 精度70

◎PWの時(目標飛距離120ヤード)
力んだ状態でのフルショット 平均飛距離105ヤード 精度30
力まずフルショット 平均飛距離120ヤード 精度60
力まずコンパクトショット 平均飛距離115ヤード 精度80

総評
力みが飛距離をロスすることは明らかです。
またフルショット、コンパクトショットの飛距離の差も僅か5ヤード。

コンパクトショットにすることで、オーバースイングになりにくく、スイングプレーンが安定します。
またフォローでラインを出していきやすいことからも、方向性はかなりいいです。
この5ヤードの飛距離を求めるよりも、ワンクラブあげて、コンパクトにスイングする方が精度も高くなります。

力みは100害あって1利無しです。力みをとり、リズム良くスイングすることと、コンパクトショットで方向性を高めることが、スコアアップへの近道ですね。

今までも、わかっていたことですが、書き出す事により再確認できました。
今後はこれを念頭に置き、ミスをしないゴルフミスになりにくいゴルフを目指していきます。

って言っても来週には忘れてそう・・・

ちなみにコンパクトショットとは、スリークォーターショットの事です。。

なるほどって思った人も、当たり前って思った人も、せっかくですからクリック↓していってくださいな。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。